在校生インタビュー

城北で心・技・体を磨く、在校生たちの声

文武両道を目指して日々成長を続ける、城北在校生からのメッセージをご紹介します。

中学から入学(6年制)

写真:人物

STUDENT中学2年生

城北の授業のスピードは速く、授業についていけるかどうか心配でしたが、すぐにそれは杞憂だと気づきました。分からないことは先生に質問して解決できるし、友達同士で教えあったりもします。全員、中学受験を乗り越えたこともあり、よい刺激を与え合える仲間です。また、ICTの導入により授業の理解度は高いと感じています。スケジュールは学校で配られる手帳で管理することができるので、文武両道で家庭学習に取り組むことも可能です。今では学習に対する不安はなく、充実した毎日を送っています。他にも、食堂のポテトがおいしい!体育館やグラウンドが広く伸び伸びと使える!校舎がきれい!など良いところがたくさんあります。

写真:人物

STUDENT中学2年生

城北は勉強、部活動、趣味の環境が整っている学校です。癖の強い先生方の日々の授業は楽しいです。中身の濃い授業を受け、分からないところも細かく教えてくださるので、自分が成長したことを実感できます。城北には日々の生活をもっと豊かにするような部活が多くあり、僕はサッカー部に所属していますが、手厚い指導を受け、良い時間を過ごせています。しかし、部活に時間を使うと、勉強時間が少なくなるので、日々の授業を真面目に聞き、家でも時間の使い方を工夫することが大切です。城北に入って改めて自分のことを一番支えてくれる親のありがたみを感じました。僕も親のような凡事徹底できる人になって、勉強と部活の両立をがんばりたいです。

写真:人物

STUDENT中学3年生

私は小学生の頃からバレーボールをしていました。大好きなバレーだけでなく、勉強にも全力で打ち込めるので城北進学を選択しました。入学後、勉強についていけるか不安でしたが、先生方が熱心に指導してくださるおかげで勉強と部活の両立ができています。授業では、iPadを活用し、家庭学習の際に分からない所をすぐ聞くことができるので、勉強の効率化に繋がっています。また部活動では、高い目標に向かって辛いことも一緒に乗り越えていける仲間もたくさんできました。練習はハードですが、オフの日があるので、学習時間は必ず確保できます。この恵まれた環境に感謝して、城北の6年間で自分の進むべき道を探していきたいと思います。

写真:人物

STUDENT中学3年生

僕が城北に入って良かったと思うことは3つあります。1つ目は熱い先生たちの指導です。城北の先生たちは生徒一人ひとりに向き合ってくださり、授業で分からなかったところを質問すると、わかるまでトコトン教えてくれます。2つ目に、校内の設備が整っていることです。全教室にプロジェクターがあり、iPadなどを活用してみんなと考えを共有できます。自分だけでは解答にたどりつくのが難しい問題でも、様々なアプローチができ、一緒に考えるのは楽しいです。3つ目に、OBの方とのつながりが強いことです。僕が所属しているバレーボール部では長期休暇中、多くのOBの方に指導や対戦相手をしていただき、いつも鍛えてもらっています。

写真:人物

STUDENT高校2年生

勉強とサッカーの文武両道を目指すため城北を選びました。簡単なことではないけれど、城北にはその環境が整っています。先生方の熱意はどこの学校にも負けず、授業にも、部活にも本気です。勉強は個別指導や、充実した補習などとても手厚いです。面談も多くあり、受験や進路についても、生徒の気持ちに寄り添って、話を聞いてもらえます。部活もある中での勉強は大変ですが、通学中に暗記をしたり、友達との教え合いを大事にしています。男子校は友人との絆も深まり、真剣に部活や勉強ができます。また、OBとの繋がりが強く、OBも母校を大切にするのがいいところです。僕も残りの学校生活はもちろん、卒業しても城北を大切にしていきたいです。

写真:人物

STUDENT高校3年生

城北を選んだ理由は、私の叔父や友達が通っていたからです。城北は授業の内容が濃く、他学年とも部活などを通して交流しやすい学校だと思います。先生方は熱心で、質問に行っても快く教えてくださり、生徒との距離が近いです。男子校の良さは勉強や部活に集中することができ、休憩時間中でも楽しく話せるところだと思います。勉強に関しては、まずは授業前に予習を、それから授業を大切に聞き、復習をすることが必要です。高校生になると勉強の内容もさらに濃くなり、毎日効率の良い勉強をするために1週間の計画を立てて勉強時間を作ることが必要だと感じました。私には夢があるので城北で勉学に励み、大学に行って夢を叶えたいと思います。

写真:人物

STUDENT高校3年生

まず、どうして私が男子校を選んだのかというと、とにかく学校生活を楽しみたかったからです。良くも悪くも男子ばかり、一瞬地獄と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。気の置けない友人たちと過ごす日々は飽きることのない最高の日常です。また、毎朝坂を登りながら心身ともに鍛えることが叶う素敵な学校です。そして城北に入って一番誇りに思うのは、先生方と会えたことです。先生方は生徒一人一人に丁寧に向き合い、背中を押してくださいます。時に厳しく、時に優しい先生方は本当に頼れる存在です。最後になりましたが、私は城北に入ったことに後悔は一つもありません。城北は絶対に入ってよかったと思える自慢の学校です。

医進コース

写真:人物

STUDENT中学2年生

僕は小さい頃から医師になることが夢だったので、このコースを受験することにしました。将来は認知症を治すための研究をしたいと考えています。医進コースの「育成プログラム」の一つに、アクティブ・ラーニング(AL)があります。『教科AL』では、授業内容を定着させる演習に加え、理科の実験や数学の課題解決学習など、学んだことが活用できるので、理解が深まります。積極的に勉強に取り組めるので、成績もすごく上がりました。『総合AL』や『探究AL』では、医学の話題や事例についてみんなで考えたり、自分の調べたことを発表したりしています。僕は、新聞スクラップで認知症について調べ、自分なりの考えをまとめる取り組みをしてきたことで、認知症についての理解がかなり深まりました。さまざまなことに全力で取り組み、医師になるのにふさわしい人となって医学科合格を果たしたいです。

写真:人物

STUDENT中学2年生

僕は将来、過疎地域の医療を支える総合診療医になりたいと考えています。医学科進学コースは夢を叶えるために最適だと思い、推薦入試を受験して入学しました。医進コースは平日の放課後にALがあるので、部活動が制限されます。そのような中、僕は自転車競技部と放送部に所属しています。自転車競技部では土日に練習し、放送部では昼休憩時間の放送や、始業式など学校行事の際の放送をしています。部活動があるので、週末の家庭学習時間はあまりとれませんが、医進コースのプライドを胸に計画的に学習へ取り組み、医学科合格を勝ち取りたいと思います。

写真:人物

STUDENT中学2年生

僕は校長先生の「勉強ができる人が医師になるのではなく、医師になりたいと強く願う人が医師になるべきだ」という言葉に感動して、医進コースの推薦入試を受験しました。「育成プログラム」の一つである『総合AL』では、教頭先生が学習・プレゼン指導をしてくださるのですが、取り組む度に成長を実感できます。また、昨年度2回あった医進コース生だけの学習合宿では、学習時間外もみんなで過ごすことで仲が深まり、団結力も強まりました。これらの取り組みのおかげで、自己管理ができるようになり、宿題だけでなく予習・復習にも自主的に取り組めるようになりました。休日でも規則正しい生活が送れています。これからも医進コースの仲間と一緒にたくさんの経験をして、力を合わせていろんなことに取り組んでいきたいと思います。

写真:人物

STUDENT中学2年生

僕は小学校4年生の時から脱毛症という病気になっています。病気になった時はとてもショックで、すごく不安になりましたが、小児科の先生方が「心配しなくても治るよ」と仰ってくださり、すごく安心できました。僕も将来、患者さんの気持ちの分かる医師になって、自分と同じような病気で苦しんでいる人を一人でも多く助けたい。その決意をもって医学科進学コースに入学しました。育成プログラムには、OBの医学部生や医師の方の講演会など、僕たちのモチベーションが高まるALが用意されています。中高生活や大学での学び、医師としてのやりがいなど、いろいろなことを話してくださいますが、必ず「がんばって立派な医師になってくださいね」と言っていただけます。僕たちの背中を押していただけたようですごく嬉しくなり、よし、がんばるぞ!という気持ちになります。立派な医師になれるよう、これからもコースのみんなと切磋琢磨してゆきたいと思います。

高校から入学(3年制)

写真:人物

STUDENT高校1年生

城北高校を選んだ理由は、勉強にも部活にも主眼を置き、文武両道を実現できると思ったからです。小学生の頃から野球を続けており、高校を決める際にも野球と勉強、どちらを優先するか悩んでいました。そんな時に出会ったのが城北高校です。勉強に力を入れつつ、野球部でも少ない時間の中で効率的な練習をしていました。城北高校なら勉強と野球どちらも本気で取り組めると思いました。また入学して感じたことは、先生方がとても個性的だということです。授業もそれぞれに個性があり、飽きることなく授業を受けることができます。このように城北高校には部活に打ち込みながら確実に学力も伸ばすことができる環境が整っています。

写真:人物

STUDENT高校2年生

城北高校を選んだ理由は、文武両道を目指している歴史ある学校だからです。城北は、勉強にも部活にも集中できる環境が整った学校です。先生方も、生徒一人一人に寄り添ってくださる熱い先生方ばかりです。城北に入って計画し、実行し、改善することの大切さを学びました。男子校のよいところは、恥ずかしいという気持ちが減るところです。例えば本当はよくわからないけれど、恥ずかしいから先生や周りの人には聞くことができないということがなく、男子同士なのでお互いにわからないことを教えあって成長することができます。3年後の大学入試を見据え、計画的に行動し、また卒業後も交流できる深い人間関係も築いていきたいです。

写真:人物

STUDENT高校2年生

城北高校を受験することを決めたきっかけは高校説明会でした。城北高校の先生が学校の説明をされた時、その熱意にとても衝撃を受けたことを今でも覚えています。男子校と聞き、初めは身構えましたが、いざ入学してみると同性ということもあり、気軽に話せる友人がたくさんできました。私が思う城北高校の特徴は「環境」です。城北の先生方は熱心かつ助言は的確で、長期休暇には生徒の理解を深める補講授業までしてくださいます。そして、高校では文系・理系に分かれるだけでなく、社会や理科などの科目も選択できます。城北は「自分の実力を本気で伸ばしたい!」という覚悟を持っている人にはぴったりな学校だと私は思います。

写真:人物

STUDENT高校2年生

僕は公立中学校から城北高校に進学しました。城北を選んだ理由は勉強と部活動を全力で取り組める環境だと思ったからです。勉強と部活動の両立は簡単なことではないからこそ城北の高いレベルで取り組みたいと思いました。先生方は楽しくわかりやすい授業をしてくださり、質問をすると優しく教えてくださるので深く学ぶことができます。また、部活動がたくさんありサポートも充実しているので勉強との両立がしやすい環境だと思います。入学前は「城北中学校から上がってくる子はどんな感じなんだろう」という不安な気持ちが大きかったけど、みんな優しくてすぐに友達になってくれました。いろいろな面で最高の環境だと思います。

写真:人物

STUDENT高校2年生

城北はとても夢のある学校だと思います。なぜなら努力を怠らなければ自分の行きたい大学に通うことができるからです。どんな大学だろうが関係はありません。城北には様々な先生方がいて、勉強面での手厚いサポートがあります。先生方はとても個性がありますが、自分の教え方にこだわりがあると捉えることも出来ます。生徒にどのようにしたらわかりやすく伝わるかを先生方が研究した結果だと思っているので、そのやり方について行けば、勉強が上手くいくと思います。またわからないところがあっても先生に聞くと自分がわかるまで丁寧に教えてくださいます。自分が分からないことを恥ずかしがらず素直に学ぶ姿勢が重要だと考えました。

写真:人物

STUDENT高校3年生

私は部活動に魅せられ城北を選びましたが、先生方のサポートや同級生の勉強への姿勢に良い刺激を受けて、自然と文武両道を意識することができています。男子校なので、他校への憧れもありましたが、ここまで勉強に打ち込める環境は他校にはないものだと思います。また、職員室の前で教員が質問攻めに会う光景は城北ならではです。公立中学校出身の私にとって高校からの編入は怖いことでした。自分達だけ学習の遅れている科目もあり、焦りもしましたが、高校編入組には同じ不安を持った人がたくさん待っていて、同じ境遇同士団結すれば、入学時の差も埋まります。男子校や中高一貫という新しい環境で、初めて発揮される力かもしれません。

写真:人物

STUDENT高校3年生

城北は勉強と部活動を両立し、将来の自分の姿を見つけることができる学校だから選びました。男子校という不安を抱いていましたが、入学したら城北でよかったとすぐに思うことができました。なぜなら同級生と気兼ねなく話せて勉強のこともすぐに相談ができるからです。さらに、先生方は熱い方が多く、質問してもわかるまで教えてくださるので、勉強に対する環境がとても整っています。そのおかげで勉強に対する意識も変わり、1日の勉強時間も増え、充実した日を送ることができています。城北の生徒は「学んで厭かず、教えて倦まず」の校訓のもと勉強や部活動に励んでいます。私もこの校訓を土台に少しでも城北に貢献できるようになりたいです。

写真:人物

STUDENT高校3年生

私は高校から城北に入学しました。城北は学業に力を入れており、私たちは大学進学を目指して日々勉学に励んでいます。先生方の授業はどれもわかりやすく、魅力に溢れています。またわからない問題を質問しに行くとわかるまで優しく教えてくださいます。城北では、友達と男子校ならではの会話や笑い、時には難しい問題をみんなで考えるなど、かけがえのない時間を過ごし、一生の思い出を作ることができます。コロナ禍で様々な行事が中止になりましたが、先生方、そして友達と過ごす何気ない日々が一番の思い出であり、城北に入学してよかったと感じることの一つです。そんな魅力溢れる城北高校で私たちと一緒に楽しい学校生活を送りましょう!