equipment

トップページ > 施設 > 山紫寮 > 寮の生活

寮の生活

寮生の一日
スーパーバイザー(寮監)の対応

朝食や点呼の際、寮生一人ひとりの顔色を確かめて健康状態に気を配っています。また、生活面ではときには厳しい指導も行い、成長期の子どもたちを親御さんに代わって温かく見守っています。

寮監長 志田孝

寮監長 志田孝

山紫寮は私を含めて3名のスーパーバイザー(寮監)が交代で常駐しています。 生徒たちは温和な子どもたちばかりですね。先輩後輩の関係も厳しいことはないし、みんなとても仲がいいです。でも楽しいだけでなく、挨拶などの基本的生活習慣はしっかりと身につけてもらうように指導しています。

寮の学習サポート体制
寮監長 志田孝

経験豊富な数学と英語のチューター(講師)が月曜日から金曜日の毎日、学習室に張り付いて個別に質問を受ける学習サポート体制を敷いています。学習していてわからないことがあっても、チューター(講師)が即座に指導するため効率よく勉強ができます。

寮での集団生活

部屋割りは、各フロアーに、中学1年生から高校3年生までの全ての学年の生徒が集まるようにしています。フロアー毎に班長を決めて、班長を中心に清掃や自治活動を行っています。先輩後輩が交わるこのような生活環境の下、自然と人間関係が出来上がっていきます。

山紫寮の食事

食事は、中・高等学校西棟大食堂に隣接した寮生専用食堂で朝、昼、夕食をそれぞれ決められた時間内にとります。毎日の食事は、栄養士が立てた栄養価の高いバランス良いメニューになっていて、ご飯は何杯でもおかわりできます。また、食品アレルギーのある生徒には別メニューで対応しています。

朝食

朝食

生徒の希望によりパンが主食の朝食が多くなっています。パンは三種類の中から選べるようになっています。

夕食

夕食

ボリュームたっぷり。好き嫌いなく食べられるよう、味付けにも気を配っています。

寮生の声

朝食や点呼の際、寮生一人ひとりの顔色を確かめて健康状態に気を配っています。また、生活面ではときには厳しい指導も行い、成長期の子どもたちを親御さんに代わって温かく見守っています。

中2 西村俊輔(呉市立 和庄小学校卒)

僕は、規則正しい生活をおくり、勉強とクラブを両立させたいという理由から寮に入りました。初めは、寮生活に全く慣れませんでした。でも、日がたつうち に、だんだんなれてきました。寮には、優しい先輩ばかりです。分からない事があれば、なんでも聞くことができます。寮生活は、社会に出て役立つことがいっ ぱいあると思うので、今後も寮の規則をしっかり守り、生活していきたいと思っています。

高2 西本泰成(呉市立明徳中学校卒)

今年の春から寮に入ることになって、僕は一人で生活するということや、寮での人間関係について、とても不安でした。入寮するにあたって、皆そう思うかもし れません。 しかし、実際の寮生活では、先輩に勉強を教えてもらったり、毎日同級生と楽しく食事や入浴をしたりしています。入寮当初に感じていた一人で生活するという 感覚は全く無く、とても充実していると感じます。今では、寮の生活リズムにも慣れて、勉強と部活を頑張っています。 山紫寮での生活は楽しく健康的で、部活や勉強を頑張るのに最適な環境だと思います。ぜひ山紫寮に入ってみませんか?