education

トップページ > 城北の教育 > 特徴的な授業

特徴的な授業

多彩なテーマを英語で考える「総合的な学習の時間」(中学生対象)
多彩なテーマを英語で考える「総合的な学習の時間」(中学生対象)

「総合的な学習の時間」の授業はタッチパネル式の電子黒板を設置した「Discovery Room」を利用します。

授業では最新の通信機器も使用し、海外の映像など毎回生徒の興味を引く多彩なテーマを取り上げ、ネイティブ教員とコミュニケーションを取りながら英語を通して総合的な研究を行います。

心身を鍛える「剣道の授業」
心身を鍛える「剣道の授業」

中学1年から剣道の授業を取り入れています。剣には心が表れるといわれるように、心が乱れていては相手に勝つことはできません。

相手の前に自分との戦いである剣道の修練を通じて、心身を鍛え、礼儀を学びます。

コミュニケーション能力を磨く「ネイティブ教員による英語の授業」
コミュニケーション能力を磨く「ネイティブ教員による英語の授業」

国際理解教育を重視し、世界共通語である英語教育に力を入れています。ネイティブ教員とのふれあいを通じて日常的に英語に親しみ、コミュニケーション能力、自己表現力を養います。

6年間で、国際社会において臆することなくコミュニケーションを図れる人材を育成することが目標です。

未来のイクメンを育てる「幼稚園保育実習」(高校1年対象)
未来のイクメンを育てる

高校1年時には、人の一生と家族・福祉の単元の中で乳幼児の発達と保育・福祉について学習します。

座学だけでなく学園内に併設された城北幼稚園を見学し、実際に活動に参加することで、幼児の発達と保育について学習内容を深めます。