education

トップページ > 城北の教育 > 進路情報 > 卒業生の声

卒業生の声

盛本悠人京都大学総合人間学部/平成25年卒

広島城北学園で過ごした6年間の歳月の中で,信頼できる先生方との出会いは,私にとって何物にも代え難いものとなりました。特に高3の1年間は,思うように成績が上がらず,投げやりになりかけた時期もありましたが,多くの先生方から励ましの言葉をいただくことで,最後まであきらめることなく努力を続けることができ,ついに第一志望の京都大学に現役で合格することができました。これも先生方のおかげと心から感謝しています。 城北を卒業して1年経った今でも,先生方から連絡をいただけることも,うれしいことのひとつです。

白井玄佳京都大学理学部/平成24年卒

僕が受験勉強を乗り切り、志望校に合格できて感じたのは「城北に来て良かった」ということでした。僕は中高の6年間を城北で過ごしましたが、その中でも特に印象に残っているのは、高3の1年間です。毎日のように職員室に通って、たくさんの先生方に添削や採点をしてもらい、勉強の方針なども一緒に考えていただきました。城北の先生方の親身のサポートが無く、ひとりだったら、受験勉強を乗り切り、今の大学に入ることはできなかったと思います。

佐伯翔太慶応義塾大学商学部商学科/平成24年卒

私は塾に入らずに受験勉強をしていましたが、城北の先生方の添削や勉強方法などのご指導のおかげで、自分の成績が伸びていると日々実感しながら勉強を続けていくことができました。勉強面以外でも、先生方はいつでも何度でも相談に乗ってくださり、励まし、応援してくださったので、より頑張ることができました。また、高1・高2の時は学習合宿、キャンパス体験ツアー、進路説明会などで勉強に対するモチベーションを高めることができました。

西岡大輝北海道大学文学部/平成23年卒

城北の特色は、何と言っても中高一貫であることです。6年間、面倒を見てくださるので、先生方との信頼関係は厚く、気軽に進路相談などができます。部活動も充実しています。私は浪人しましたが、高3の8月まで部活をしていたことは決して後悔はないです。それはもう1年必死に勉強し続けられたのは部活で得た精神力があってこそだからです。また、浪人時に先生方に何度も激励の電話をいただいたり、予備校に来ていただいたりして、とても励みになりました。

岡田伸九州大学工学部機械航空工学科/平成23年卒

僕は中学校から城北に入学しました。城北は中高一貫校なので、先生方や友達とは付き合いが長く、とても良い関係を築くことができました。 大学受験本番が近づいてきて不安になっていた時には、先生方が親身になって相談に乗ってくださるなど、大きな支えとなりました。自分は1浪しましたが、その際もいろいろとお世話になりました。九州大学に合格することができて、城北の先生方には本当に感謝しています。城北で学んだことを胸に、大学生活を満喫したいと思います。

工田啓史東京大学理科三類/平成22年卒

城北高校在学中は、様々な面で先生方のお世話になりました。在学中の経験で、私が一番印象に残っているのは「キャンパス体験ツアー」です。私は東京大学のキャンパス体験ツアーに参加しましたが、実際の東京大学を体験することでこの学校に行きたいというビジョンをより明確に持つことができました。この体験がなければ、今この大学で学べていないかもしれません。

桑野裕九州大学工学部機械航空工学科/平成22年卒

僕は高校から城北に入学したのですが、入学したときは、城北中学校から進学した同級生たちと学力にかなりの差がありました。しかし、先生方のご指導のおかげで2年からは、彼らと同じ授業が受けられるようになりました。高2、高3時に参加した「学習合宿」では卒業生の先輩たちから実際の大学の様子を聞くことで受験への意識を高めることができました。僕は最初の受験に失敗しましたが、卒業後も城北の先生方はいつも親身になって相談に乗ってくださったのでとても心強かったです。

庫井亮輔県立広島大学保健福祉学部理学療法学科/平成22年卒

僕にとって大きかったことは、中学3年時のマイリサーチの授業で進路レポートを作成したことです。 この授業で自分のやりたいことを見つけ、行きたい大学を絞り込むことができました。早い段階で将来の目標を設定することができたので、効率的に勉強に取り組むことができました。城北の先生方の進路指導にはとても感謝しています。

芥川一樹大阪大学理学部物理科/平成22年卒

センター試験後、二次試験の出願校を決める際に、担任の先生から第一志望の大学を受験することを強く勧められました。結果、その年の受験は失敗しました。その後、自分に自信が持てなくなり志望校のレベルを下げようと考えたこともありましたが先生の指導もあり、覚悟を決めて第一志望の大学を再び受験し、晴れて合格することができました。あの時妥協していたら絶対後悔していました。生徒ひとり一人のことを考える城北の進路指導は素晴らしいと思います。

陰久祥広島大学教育学部第一類/平成22年卒

城北は中高一貫教育なので、ほとんどの先生方と6年間を共にします。そのため先生方は自分の進路についてとてもよく理解してくれていました。
模試の結果が悪かったときでも担任の先生は、第一志望の大学目指して頑張るよう応援してくれました。
受験に失敗し、予備校に通っているときも先生には何度も心強い言葉をかけてもらいました。第一志望の大学に合格できたのは城北の先生方のサポートがあったからだと思います。